【終了しました】夏の器。

大町館2階 食器売場では、沖縄の伝統工芸のひとつ“琉球ガラス”をご紹介しております。

minasoko
2層の色の濃淡、透明感と不透明感、表と裏に異なる質感を取り入れて、水底から水面まで、きらめきながら漂う神聖な瞬間を表現しています。盛りつけた料理が水に浮かんでいるようにも見えます。

「グラスアート藍」
角皿(大)
税込5,400円

角皿(小)
税込4,104円

Shima[手前]
沖縄の人々は島酒である泡盛を略して「島(シマ)」と呼びます。
「島を飲もうか!」・・・このグラスは島酒を美味しく飲めるよう、夜空に輝く星を散りばめています。
税込2,916円

ラグーン[奥]

ラグーンとは「珊瑚礁」を意味。
白い砂浜に続く、慶良間の海のグラデーションを表現。色の変化は海の深さなのです。
美しい沖縄の海を自宅でも感じてゆったりリラックスしてもらいたい。そんな想いを込めて・・・。
四角(小)
各 税込4,320円


とても綺麗なブルーは、見ているだけですーっと心が穏やかになりますね。

サイズも形も様々な使い方ができそうですよ。

どうぞ食卓に琉球ガラスを取り入れて、涼やかに過ごされてくださいね。


終了しました
琉球ガラス特集

■6月13日(水)まで
■大町館2階 食器売場