うっとりするほどに美しい。

本館7階 催事場で開催中の、「職人の技展」。

デザインから刺繍、販売まで一貫して手掛ける「柏ビーズ」をご紹介いたします。

形や色、大きさの違う1万種類以上のビーズを組み合わせて作られる、世界に二つとない1点もののバッグや財布。

「縫い上げた製品の表面のビーズが引っかからず、滑らかであるかどうかが、良しあしを決める。」
細部にまでこだわり、仕上げていきます。

直径2ミリのビーズを、1粒または2粒ずつ手に取り、約3cmの針に通して布地に縫い付けます。

時代の変化に合わせて、スマートフォン用のカバーを特注で作るなど、お客様のご要望に柔軟にお応えしております。
斬新な柄や色味も取り入れ、常に新しいことにチャレンジ!

昔からの手法を崩さず、次の時代まで使える物を。
その想いで製品の手縫いを続けています。

【通常、本館6階 呉服売場にて「柏ビーズ」の商品を取り扱っております。】


柏ビーズ
1936年、初代 仙田鎮男は東京・浅草でビーズハンドバッグの製造・販売店を創業。

 浅草の老舗高級和装小物店で修業をしていた時代に、交流のあった刺繍工から日本刺繍の技術を学んだ。
修理を持ち込まれた舶来のビーズバッグから作り方を学び、当初製造していた布製の袋物に応用したのが始まりだった。



会場では、様々な職人の技に触れることができます。
どうぞこの機会にお手に取ってご覧ください。

日本の伝統-実演と即売-

第21回 職人の技展

 

■3月27日(火)まで

■本館7階 催事場

 <最終日 午後5時まで>


熟練の技は日本の誇り。
職人の技が生み出す「ペレボルサ」もどうぞご覧ください。

 

 

「ペレボルサ」期間限定販売会
終了しました

■3月28日(水)

■本館1階 エスカレーターサイド

 

■3月29日(木)~4月4日(水)

■本館1階 イベントスペース