藤崎百貨店|本館6階 美術ギャラリー

 

本館6階 美術ギャラリーの展示スケジュールをご案内いたします。
ご都合に合わせてお越しください。
 


■9月28日(木)~10月3日(火)
<最終日 午後4時30分閉場>

原田泰治版画展

日本の四季 ふるさとの詩

原田 泰治 版画展

 

原田泰治は、自然豊かな風景や古くから日本に息づく風物詩を描き、その素朴でありながら心に直接届く作風で多くのファンを持つ作家です。

 

本展では、日本を描いた作品のほかに、海外を描いた作品も含め新たにレフグラフファイン(版上サイン・承認落款入り)にした版画作品を展示販売いたします。

 


柳橋修二作陶展

<現代×伝統>

柳橋 修二 作陶展


氷流文を施した技法で曲線にこだわり、『現代と伝統』が交わる。

氷文の世界をぜひご高覧賜りたくご案内申し上げます。

 


■10月5日(木)~11日(水)
<最終日 午後4時30分閉場>

現代絵画秀作展

現代絵画秀作展

 

現在皆様が良く知っている日本画作家と油絵作家と海外の有名作家の作品を展示いたします。
ぜひこの機会にご高覧ください。

【主な出品作家】
横山大観、川合玉堂、堀文子、千住博、平松礼二、
岡田三郎助、小磯良平、荻須高徳、絹谷幸二、
三岸節子、森本草介、香月泰男 、 牛島憲之、
福岡通男、ピカソ、アイズピリ、その他
※一部、作家、作品が変更になる場合がございます。

 


■10月12日(木)~18日(水)
<最終日 午後4時30分閉場>

古山拓水彩画展

藤崎百貨店│古山 拓 水彩画展

古山 拓 水彩画展

~旅絵2023~

 

小さな海辺の町から谷間にたたずむ村、大地にそっとたつ農家から都会の路地まで、風景との出会いは突然であり、必然でした。
ヨーロッパから国内まで、透明水彩で描いた風景画を中心に展示いたします。  

また、原案と絵を手がけた最新刊絵本『一本の木がありました。』の貴重なドローイング原画も一部展示。
新たな表現との出会いをお楽しみ頂ければ幸いです。


中野 純 陶芸展

第四回 中野 純 陶芸展
古代憧憬Ⅱ

 

このたび、仙台にて2年ぶり4度目となる個展をさせていただくことになりました。
造形の仕事では、 今年は舟と境を作りました。
祭器、祠、古代形象に続く、古代の造形にインスパイアされた作品群の新作です。
用の仕事では、今年は呉須での遊びを覚えました。
藁灰釉の乳濁越しに見える呉須の青は、薄雲の向こうの空のようで心惹かれます。
呉須手の器を中心に、灰釉の器を出品します。
今年も会期中は在廊いたします。
ぜひご高覧ください。

 

[作家来場日]
会期中在廊(予定)

 


■10月19日(木)~25日(水)
<最終日 午後4時30分閉場>

茶道具逸品展

藤崎百貨店│茶道具逸品会

茶道具逸品展


お稽古道具からお書付まで、茶道具全般を一堂に揃え展示販いたします。
ぜひこの機会にご来場いただきますよう、ご案内いたします。

 

[お呈茶席]
・10月19日(木) 安藤 宗風先生 御社中(表千家)
・10月20日(金) 竹村 宗瑛先生 御社中(表千家)
・10月21日(土) 星 宗楽先生 御社中(表千家流仙台吉祥会)
・10月22日(日) 橋本 宗曙先生 御社中(表千家)
・10月23日(月) 畠山 宗照先生 御社中(表千家)
・10月24日(火) 八島 宗尋先生 御社中(表千家)

※お呈茶席は午前11時~午後4時まで。


■10月26日(木)~11月1日(水)
<最終日 午後4時30分閉場>

岩井 純 作陶展

藤崎百貨店│六華窯 岩井 純 作陶展

六華窯 岩井 純 作陶展
≪結晶とアンティノーの世界Ⅶ≫


ガラスのカットと焼成を何度も繰り返し複雑で繊細な模様と
独特の素材感が特徴のモザイクガラス近年は雪景色、夜空、夏空など

自然の美しさを表現出来ればと思い制作しております。

アートピースから食器、花器、茶道具等約100点を展示いたします。

ぜひご高覧いただきたくご案内申し上げます。


2023年10月 六華窯 岩井 純


小野寺純一展覧会

藤崎百貨店│小野寺 純一 展覧会

小野寺 純一 展覧会

あの日はるかに


ふるさとの昭和を中心に描き、藤崎での展覧会も10回を迎える事ができました。
これも皆様の励ましのおかげと感謝しております。

これからも心に残るふるさとの美しさを描いてまいります。
お会いできるのを楽しみにしております。


藤崎百貨店|本館6階 美術ギャラリー