本館6階 美術ギャラリーの展示スケジュールをご案内いたします。
ご都合に合わせてお越しください。

■9月30日(木)~10月6日(水)
<最終日 午後4時30分閉場>

第69回 河北文化賞受賞記念
東日本大震災鎮魂と追悼のモニュメント落成記念
武藤順九の宇宙

2019年に河北文化賞を受賞し、昭島・昭和の森 武藤順九彫刻園が開園いたしました。
今回の特別展を記念して、バチカン、ブッダガヤ、デビルズタワーのモニュメントの小作品を永久保存版の特別記念コレクションとして特別限定販売いたします。
世界的に活躍される仙台市出身の武藤順九先生の作品をお楽しみください。


■10月7日(木)~13日(水)
<最終日 午後4時30分閉場>
古山 拓 個展

古山 拓 個展~旅の空は遥か色~

水彩画の淡い色合いは無限です。
はるかな色にあなたのこころの色を重ねてみてください。
そこにあなただけの物語が生まれます。
ヨーロッパ、そして東北の旅の色をお届けします。
ぜひこの機会にご来場ください。


~唐津・高麗・李朝~内村 慎太郎 陶展

高麗、李朝 そして桃山時代のやきものに陶酔し、先達より大事に伝えられ、受け継がれてきた日本特有の美『寂び』を感じていただけますような作品を生み出したいという一心でこの道に入りました。
時を重ねれば重ねるほど、その奥の深さに畏敬の念を抱くばかりの日々ですが、少しでも多くの方とこの感動を共有できればとの想いで今日に至っております。
この度、仙台の地にて3回目の個展のご縁に恵まれましたことを大変幸せに思います。
ご高覧いただけますよう、何とぞよろしくお願い申し上げます。


■10月14日(木)~20日(水)
<最終日 午後4時30分閉場>

第3回 中野 純 陶芸展~ 古代憧憬 ~

昨年は作陶20年の節目の年でしたが、コロナ禍のために個展がなくなったこともあり、はからずも制作に集中する期間となりました。
私たちの生き方があらためて根底から問われるなかで、これも天から与えられた時間と考え、内省と没頭を経て生まれたのが「祠 hokora」「古代形象」「木の皮写し・松灰釉溜まり手板皿」の3シリーズです。
仙台にて2年ぶり3度目となる今回は、この3シリーズを中心に、食器、花器、茶器、陶板も合わせ、新作80点余を出品いたします。


~日本文化の漆芸 Japan~
大和漆工芸 杉村 聡 作品展

漆器は“Japan”といわれるように日本の文化です。
その樹液には沢山の可能性があります。
私は漆の樹液の可能性を引き出す事をテーマとして作品造りをしております。
ぜひこの機会にご高覧賜りますようご案内申し上げます。      杉村 聡


■10月21日(木)~27日(水)
<最終日 午後4時30分閉場>
茶道具逸品展

茶道具逸品展

お稽古から茶会書付道具など幅広く価値ある特選品を取り揃えております。
ぜひご高覧くださいますよう、ご案内を申し上げます。
●茶碗・水指・・釜・茶杓・軸など


小野寺純一 展覧会

小野寺純一 展覧会
~あの日、ふるさと~

あっという間に過ぎていった、あの日、あの頃。
たくさんの喜び、そして悲しみ。
出会いと別れ。
時の中にひっそりと埋もれてしまった、大切な宝物。
そのひとつひとつを絵にしてみました。
ゆっくりとご覧になってください。


■10月28日(木)~11月3日(水)
<最終日 午後4時30分閉場>

岩井純 作陶展
[ 結晶華とアンティーノの世界Ⅴ ]

従来の白の結晶釉に色を施す為、酸化金属を調整し、新しい結晶の釉薬を創りました。
また、シンプルな青のアンティーノ(六華天目釉)の器も展示いたします。
ご高覧いただきたく、ご案内申し上げます。


 ~夢とロマンを求めて~
清水 新也 油絵展

色鮮やかに描かれたぴえろや動物たち。
観る人を自然と笑顔にしてくれる、温かく心癒される作品です。
片隅に描かれた小さな自転車が「童心」の気持ちを思い出させてくれるでしょう。
ぜひ、この機会にご高覧ください。