本館6階 美術ギャラリーの展示スケジュールをご案内いたします。
ご都合に合わせてお越しください。

■5月5日(木)~10日(火)
<最終日 午後4時30分閉場>
世界の王室が愛したテーブルウエア

「世界の王室が愛したテーブルウェア」展 

~アウガルテン・インペリアルポーセリン・ブランベンジャロン~

「アウガルテン」は、ハプスルブルク家御用達だった1718年創業のウィーン窯にルーツを持つブランドです。

そのほか、マリー・アントワネットが愛した「王妃の工房」の復刻商品、女帝エリザヴェータが愛した「インペリアルポーセリン」、かつてタイ王室専用として製造されていたベンジャロン焼の名窯「ブランベンジャロン」など、世界各地の洋食器も展示販売いたします。


「彫刻家・佐藤 忠良」展

宮城県・大和町生まれの日本を代表する彫刻家・佐藤忠良。
その生誕110年を記念した作品の販売展を行います。

佐藤忠良の代表作「帽子・夏」のレリーフをはじめとして、佐藤忠良の手がけた版画作品、そして、佐藤の盟友であった彫刻家・舟越保武の代表作のLOLAなど、佐藤忠良の作品のみならず、戦後彫刻界を代表する作家たちの作品を出品いたします。


■5月12日(金)~18日(水)
<最終日 午後4時30分閉場>
山浦多久二 油彩画展

山浦多久二 油彩画展

~色彩の戯れ 絵と音楽の融合~

ジャズ、クラッシック、映画音楽、ポピュラーミュージック…

私が感動した音楽を絵で表現してみました。

 山浦多久二


齋藤 修 作陶展

象嵌技法を主に、象嵌彩作品を作陶しております。
何かを感じとっていただけたら幸いです。

齋藤 修


■5月19日(木)~25日(水)
<最終日 午後4時30分閉場>
石川 珂旦 美の世界展

石川 珂旦 美の世界展
~ジュエリー・絵画・陶芸の来たるべき姿~

革新的造形で芸術としてのジュエリーの新境地を切り拓いた美術作家石川珂旦のジュエリー・絵画・陶芸の新作を展覧いたします。


大下 邦弘 ガラス展

 ~自然の美をガラスに込めて~

海や空や林からもらってきたものを、その通り感じるままに、自然の美しさをガラスで描きました。
ぜひご高覧くださいますよう、ご案内申し上げます。

大下 邦弘


■5月26日(木)~6月1日(水)
<最終日 午後4時30分閉場>

大矢 邦昭 絵画展

~あの青い空~

希望がかなった時や物事が上手く運んだ時に、何気なく眼にしたあの青い空。

あるいは、青い空に釣られて良い予感を抱いたり、楽観的な気分になったりしたことが、誰にでもある筈です。

そんな青い空に心を寄せました。

大矢 邦昭


~鍋島の新しい風~

 阪井 茂治・阪井 くらら 作陶展

江戸時代、将軍家への献上品として生み出された鍋島焼き。

その精緻で格調高い世界を表現すべく日々作陶に励んでおります。

会期中は、伝統的な作品に加え、茶陶や酒器、壷、食器など日常の中で楽しんでいただける作品80余点を展示販売いたします。

ぜひご高覧ください。

阪井 茂治