本館6階 美術ギャラリーの展示スケジュールをご案内いたします。
ご都合に合わせてお越しください。

7月2日(木)~8日(水)
<最終日 午後4時30分閉場>

小野月世 水彩画展

初夏のひととき、風景や静物、人物など水彩画の優しいタッチで描かれた作品をお楽しみください。


小野月世 略歴
1969年 兵庫県に生まれる  

1991年 日本水彩展奨励賞

1994年 女子美術大学絵画科日本画専攻卒業、卒業制作展優秀賞

     春季創画展出品

1995年 日本水彩展内藤賞

1996年 女子美術大学大学院美術研究科日本画専攻修了

     日本水彩画会会友

2000年 昭和会展招待出品

2001年 昭和会展昭和会賞

2002年 日本水彩展会友奨励賞

2005年 日本水彩展内閣総理大臣賞

2019年 白日会第九十五回記念展入選

     白日会会友推挙

現在   日本水彩画会理事 白日会会友


有田焼名窯展

~染付・色絵~

400年の歴史と伝統の有田焼。上品で優しい陶磁器の上に、染付、色絵、古伊万里などの絵付けを施した優美な世界です。毎日の生活の器から、飾りの器まで暮らしを楽しく豊かにする器です。

有田焼の世界をご高覧くださいますようご案内申し上げます。


7月9日(木)~15日(水)
<最終日 午後4時30分閉場>

~世界の巨匠~
草間彌生展

 草間彌生 
1929年長野県松本市に生まれる。前衛アーティスト。前衛作家として初の文化勲章を受賞するなど海外でも評価が高い日本のトップアーティスト。オークション価格も高額で推移し世界の巨匠の仲間入りを果す。


~世界に羽ばたく~ 
小松美羽展

小松美羽 

1984年長野県に生まれる。女子美術大学短期大学部卒業後、美しすぎる銅版画家としてデビュー。昨今の海外での個展の機会も増え、有田焼とコラボした「狛犬」は大英博物館にも収蔵されるなど今、最も注目される若手アーティストです。


7月16日(木)~22日(水)
<最終日 午後4時30分閉場>

魅惑の大琥珀展  
~大地のめぐみ 化石の宝庫 久慈~ 

世界有数の琥珀の産地である岩手県久慈市産の琥珀原石や琥珀の採掘場から発見された化石、久慈琥珀博物館所蔵の工芸品、世界の琥珀を使用した独創性あるジュエリーをお楽しみください。

 


山近泰 作陶展

九谷焼の五彩色を使って様々な動物や植物を描き、モダンで幻想的な世界観を作り上げております。

造形や色彩や構図にもこだわった山近泰の美しい現代の九谷作品をお楽しみください。

山近泰 略歴 
1975年 石川県に生まれる 

2004年 第57回創造展 新人賞受賞

2006年 第47回石川伝統工芸展 奨励賞受賞

2009年 日本伝統工芸展入選

2010年 創造展 北華賞受賞 会員推挙

    日本伝統工芸展入選

2012年 伝統九谷焼工芸展 大賞受賞

2013年 第1回 陶美展 入選

2014年 第2回 陶美展 入選

 

日本工芸会正会員

日本陶芸美術協会会員


7月23日(木)~7月29日(水)
<最終日 午後4時30分閉場>

日本煎茶工芸協会展 in 仙台

 

日本煎茶工芸協会に所属する作家22名による仙台で初めての展覧会。煎茶工芸の世界で活躍する作家による、陶芸品、漆芸、金工、木工、硝子、画、墨彩の分野の独自の魅力ある作品を多数展示いたします。


昭和の漫画家作品展

 

人気漫画家30名の作品が勢ぞろい。昭和のスターとして一世を風靡し、子供達に夢と希望を与えたキャラクター達の肉筆画や版画を50点展示販売いたします。

 

 

石ノ森章太郎 水木しげる 白土三平 

田河水泡 小島功 久松文雄 松本零士 ほか


7月30日(木)~8月5日(水)
<最終日 午後4時30分閉場>

堂前忠正 作陶展
~青磁を中心に~


自然との対話をいつも心に、伝統と現在との調和を表現した青磁、白磁、天目、辰砂、日常にお使いいただけれる作品を展覧いたします。

堂前忠正 略歴

昭和26年 小松市に生まれる、現代美術展入選、日本伝統工芸展入選

安宅之関800年祭献茶式青磁茶道具製作

現在 日本工芸会正会員・石川県陶芸協会会員・小松美術作家協会会員

石川県小松市在住


夏の絵画感謝市

絵画、素描、版画の魅力的な作品を特別価格で展示販売いたします。